この橋を渡れば幸運に恵まれる、という、言い聞かせ(笑)

しかし、
今日も辿り着くことは出来ませんでした

0924_活動報告1

昨日から参加の最上交流大会。予選リーグは2勝1分勝点7で一位突破を果たしました。

選手の成長により、なんとかここまではクリアできるようになってきたのですが、課題はこの先の決勝トーナメントを勝ち抜くこと!

まずは、開会式。今年は間に合いました(~_~;)

0924_活動報告2

予選リーグ。初日は、明け方の大雨で水を含んだピッチでの戦いとなりましたが、それなりのアイデアも必要です。

0924_活動報告3 0924_活動報告4

一位突破のご褒美です(笑)

0924_活動報告5

0924_活動報告6

0924_活動報告7

夜はレセプションに参加

0924_活動報告8

0924_活動報告9

ジローくんがチームを代表して挨拶しました。

煙会、終了して21時消灯。

決勝トーナメントの朝。

0924_活動報告10

0924_活動報告11

お昼はコーチが握った爆弾おにぎり!

0924_活動報告12

快晴です! コンディションは最高です。

0924_活動報告16

0924_活動報告14

0924_活動報告17

0924_活動報告18

 

トーナメント初戦は先制しながら追いつかれ、でも、また取り返す、という、メンタル的にも強さを発揮したいい試合でした。

次は難しいぞ

0924_活動報告19

果たして、攻守バランスの取れた素晴らしいチームで、個人の質も高く、どこからでもシュートが飛んでくる、いわゆる、怖いチームでした。最終的にこのチームが優勝することになりましたが、アルメンは攻撃の糸口さえ見いだすことが出来ず、サンドバッグ状態の30分間でした(~_~;)

0924_活動報告20

0924_活動報告21

切り替えて

0924_活動報告23

0924_活動報告24

最終戦は結果も質も求めたい。今後に繋がるいい試合をしよう!

0924_活動報告25

六年生の気持ちが一丸となって勝利を収め、大会4勝目をもぎとりました。6試合中の4勝1分は賞賛に値しますが、結局、格上チームに勝ちきるいう壁を破ることは出来ませんでした。一敗は、一勝の何倍もの重さがあります。その重さを選手はどれほどに感じてくれたでしょう。

二日間を振り返ればやはりそこに集約されるのかな?と。一敗の痛み、重さは選手チームを成長させてくれることは間違いありません。ただし、選手各人が痛みを感じてくれること、が前提です。んー、そこは、どーなんでしょうね?

今後、差、がつくとすればそういう部分なんですよね。感じる、考える、振り返る、など

六年生の自覚と五年生の奮起に期待、と、いつまでも同じテーマでとどまるわけにはいかないんですけど、ねー。

0924_活動報告26

0924_活動報告27