岩木山カップ三日目最終日です。今日は二試合ですが、思い出に残る悔いのない試合をして欲しいと思い送り出しました。

今日も空は青空、絶好のサッカー日和です!

しかし、試合は残念ながら連敗。最後まで良い結果を残すことは出来ませんでした。今日も課題山積。またまた仙台に持ち帰り(笑)まー、これからの練習が楽しみだ。

正午すぎ、大会のスケジュールをすべて消化し、千年の選手たちとも名残惜しいお別れをして、帰路に着きました。

帰りは、弘前駅から奥羽本線で新青森まで45分。新幹線乗り換えの合間、名物黒石やきそばをかきこみ…初めての味にみんな大感動!頑張ればこんな楽しみもあるわけで(笑)

満腹になったところで、新青森17時44分発のはやぶさで、一路仙台に!
新幹線デビューは6人。車内の心地良さを満喫してます(笑)

今回の遠征で経験したことは、選手の心に大きな財産として宿るものになるでしょう。

ゴミを跨ぐな! 出発時にまず選手に言ったことばです。選手は、ゴミを拾うこと、と解釈してましたが、そこから派生する意味は広く、サッカーでも、水を運ぶ、と同じくらい広域に使われることばです。ここでは、敢えて講釈は述べませんが、家庭ごとの解釈をしてもらって選手の成長に役立てて欲しいと思います。

疲労度MAXで帰ると思います。今日のところはゆっくり休ませてあげるとして、明日はこの四日間の思い出話をたっぷり聞いてあげて下さい。

些細な行動に小さな変化が見られたら嬉しいのですが…

最後に、サッカー面では、今後のチームの展望が見え開けたことが大きな収穫だったと思います。おおよそメンバーも固まりあとは質の向上を目指すだけです。

ともあれ、サポーターのみなさまには今回の遠征にご理解ご協力を賜りありがとうございました。この後も次々とチャレンジのステージが待っています。今後とも、後押し、よろしくお願いします!

725活動報告1725活動報告2725活動報告3725活動報告4 725活動報告5 725活動報告7725活動報告8725活動報告9725活動報告10