久保くんの涙から一週間が経ちました。ブロンズメダルマッチに敗れ、試合後のインタビューでは、完敗、とマヤくんが繰り返しましたが、選手たちはさすがにメンタルもフィジカルもギリギリだったのだと思います。

そして、翌日の7日に森保監督からメールが届きました。これは自分にだけの言葉ではなく、ジャパンを応援してくれたみんなへのメッセージなので紹介します。

 

 

試合が終わっての翌日夕方に届いたものです。森保監督の律儀な人柄が現れた非常に謙虚な内容ですね。

それだけにジャパンメンバーには、オリンピアンではなくメダリストで終わって欲しかったと思いますが、予選からブロンズメダルマッチまでのエキサイティングな戦いぶりは大きな感動を与えてくれました。

来月からはカタールワールドカップ出場を懸けた戦いが始まります。カテゴリーはエイジレスのフル代表となりますが、オリンピックを戦ったメンバーからも多くの選手が選ばれると思います。

引き続き森保ジャパンをみんなで応援しましょう。