夏休み最終日の今日、U11チームは東根アディオスカップに参加のため山形県東根市に向かいました。

朝から土砂降りの雨で開催が危ぶまれましたが、会場が人工芝だったことに救われ、試合は予定通り行われることに安堵はしたものの…まあ、大変でした(^^;;

びしょ濡れの中、気持ちを切らさず戦った選手たち

初戦をきっちり勝ち切って

ここからノリまくるはずなのに、アウエーでは毎度力が発揮できずモヤモヤは今日も消えない…

いままではやれてきたことが、いま、思うようにやりきれないもどかしさ、歯がゆさ、に苛まれ表情が天気よりも暗い…高いポテンシャルをこれからどう活かしきるか、努力を見届けていきたいです

試合が終わればメダルを手にするだけの力はあることは衆目一致!壁を越えて頑張って欲しい。

この夏休みの間にブレイクした二人。9月からは心技体知の向上に本格的に取り組むよ。
遊びのサッカーは卒業だ。少しでも多くの時間ボールに触れて神経を養うことが必要だな。
後ろはオレに任せろ、みたいな迫力欲しいなー。日頃は穏やかでも試合になれば血相が変わるくらいの迫力が、ね。試合ごとに安定感は増してきてるだけに、もうひとつ、ガツンと!
ビッフォ〜アフタ〜
試合前はチームの雰囲気を盛り上げてくれる宴会部長。一人舞台の劇場が終演すると足取りは重い。とは言えこの夏一番の成長を遂げたことには間違いない。今日は雨の中つらかったと思うけど、よく頑張った。とは、まだ言えない(笑)
毎回上の学年との対戦で思うような結果がでなかったことはわかる。でも、相手が大きかったから負けた、では済まされないのが勝負だ。まともに対峙するのが難しければ、アイデアやテクニックをもっと使うことが必要になる。そのための準備や努力を怠るな。まだまだ足りないことだらけだ。
学んで、練る。練って、学ぶ。そのどちらかを怠っても上達はしない。サッカーが好きです、と本気で思うひとには決して難しいことではないはず。
さあ、夏休みもやーっと終わって、シーズンは後半へ突入!秋の始まりはまずは交歓大会から。今週の抽選会を経ていよいよ予選リーグの組み合わせが決まります。AC ARGENTからは、今年も将監小が参加します。去年の結果を上回ることを期待します!
来年は君たちが出番だよ!
夏休みの一か月間選手たちは代え難い経験を積むことが出来ました。それはすべてサポーターのみなさまのご理解とご協力のおかげです。度々の出費で、猛暑なのに懐は何故寒いの?なんて思いをされたことも申し訳なく思いますが、将来への無担保無保証の投資と思ってください(笑)

来月からはいよいよ熱中症にも見舞われない季節になり、より強度を上げたトレーニングを行っていきます。その中で頑張りきれる、心と身体、そして技術の向上と考える力を養います。

これからも応援よろしくお願いします。