3人よれば文殊の知恵、ということばがあります。ひとりでは解決できないことも三人がよりあって考えを出しあえばものごとは解決に導かれる、という意味です。

文殊、というのは、ん〜、人に知恵を与える神様、と言っておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝は四人が集まって練習用具を取り出そうとロッカーを開けにいきますが…これが渋くてなかなか開かない^^;

さあ、四人の知恵が力が集結して見事に本懐を達成することができるのか

ちなみに、船頭多くして船山を登る、ということばもあります。指揮をとる人が多すぎて意見がまとまらず、船は川ではなく山に登ってしまう、という、三人よれば…の反対の意味です。

では、指揮をとる人がいなくて、ちがうんじゃね?開かねんじゃね?と口々に言って結局成し遂げることは出来なかった、というのはなんと表現すればいいのでしょう?(笑)

ま、とにかくまず、やろう、やってみよう、と思って集まるまではできた。さ、次に大事なのは…?