今週は利府めぐみ野サッカー場で開催された、U10ハートライトカップに参加しました。

二週間前の山形ほなみカップでの、『学び』がプレーにどう生かされるのか楽しみです。

 

 

 

 

そー勝手に楽しみを作ってもらっても困ります…オレたちはなんにも考えてもいないし、そもそも学びってなんですか? そんなもん、これっぽっちも意識したこともないし、何も学んだことなんかないです。 だから、今日も何も考えずただ時間が来ればテキトーに試合やって、カキ氷食って、また試合だって言われればやって、スイカ食って、あー、だりーけどまた試合…みたいな、ね、ある意味、無心で戦っています、でいんですよね?

サッカーノート? ま、ありますけど、持ってくれば怒られてないから持っては来てますよ、持っては、ね。

そだね、難しいことや面倒くさいことは言わないで、ただ楽しい時間を過ごしましょうね

こーゆーふーに指導者も寄り添っていかないと、ね

 

 

 

まー、そんな中でも、戦ってる選手がいて

 

 

はるとの成長は目覚ましいし

 

 

もちろん、この距離、いまのルイには届く距離ではないけど、フリーキックを蹴る位置に自分が立ってるのがロナウジーニョと同じ立ち位置であることを感じて欲しくて(笑)

感想は、カッコよかった、とのことでした(笑)

自分のスタイルでチャレンジもできてフルタイム頑張れたのはスゴい成長だったと思います!

 

二日目の二人のダウンが残念でした。えいた、はちょっとトレーニングし過ぎたかな? たいがは…?

 

 

最終日には出番が多くバテ気味ながらもついてこられたのが良かったね

 

練習が足りなかった、と反省してたけど、そもそも足りるまでやったこともないのに、足りなかったとは、まったくやってなかったということなのだろう、と思われるが…

下手なりに頑張る、は、いずれ、下手だから消える、に変わるときが来るからね

PS. 育成方針も決まってあとは汗を流し泥を飲むトレーニングを続けるのみ。マンツーのキー練は、痛みを成長に変えることのできる選手にだけ与えられる、特権。

初日全敗、二日目全分、と結局勝ち点3は一度もあげることのできないまま大会は終了しました。ま、そこにこだわりはないんだけど、オレはだよ、でもみんなはどーなんでしょ? オレたちも、ま、別にそこは、って感じなんじゃないだろーか?  あるいは、それすらも関心がない、とか…勝負の結果は、勝者か敗者。そのいずれかは自分では選ぶことは出来ないけど、なるべくしてなる根拠は明白です。 勝負に対する準備がすべてを決めるのです。

準備、については再三話をしてきたけど、ここは絶対譲れないから次の合宿のときも、話はここから始めます。

閉会式後、イケメンスターとの集合写真を

ちょっとだけ紹介します。このイケメン青年は、青山隼くん、といって元Jリーガーです。彼は泉区の出身で、小学校からサッカーを始めてメキメキ頭角を現し、6年生の秋には宮城県の最優秀選手に選ばれ、みんなの憧れでもあり目標でもありました。中学ではクラブチームで香川選手らと一緒に活躍しました。高校のときに、名古屋グランパスから誘いがありユースチームでは、吉田麻也選手らと名古屋で活躍しその後プロに昇格してJリーガーとしての道を歩みました。U20W杯では調子乗り世代、の日本代表キャプテンを務めたこともあります。

次男がチームメイトだったことから家族ぐるみでの付き合いをしてきた中で、彼のJリーガーならではの苦悩などを見聞きしてきましたが、才能はサッカーに限ることなく、いまは俳優業に転じて第二の人生に足を踏み入れたところです。

そんな関係もあり、青山くんは、以前桂小の練習にも参加してくれて当時の選手たちと一緒にボールを追いかけて遊んでもらったことなどもありました。

今日は少しでも大会運営の力になれば、という思いで駆けつけてくれたそうです。

最後に青山くんとの思いがけない再会があったことで、試合結果はぜーんぶ吹っ飛んで、記憶からも削除されたから、一応ゼロからやり直しきくと思うけど、みんなはどう?