3年振りにやって来ました岩木山カップ。今回はアルジェントから補強選手?を千年チームに3名出しての参加となります。

 

 

予想通りモジモジして溶け込む気配は皆無でしたが…
千年チームは明るく迎えてくれて安心しました(笑)
今回訪れたのは、仙台から遠く300㌔離れた弘前市岩木山麓にある全面天然芝のピッチです。ふだんはまったくポーズをとらない3人も少しずつテンションが上がってきたのかも(笑)
二日目は千年チームのユニで試合参加。そうでした!今回のチーム名は、千年アルジェント、と登録されてたんだった。
さて君達は必要とされる選手になれたのか?

二日間の結果はグループ2位で突破。最終日の決勝トーナメントでの成績次第では優勝も見えるところまできました。

 

 

 

千年チームは個人の能力が高い選手が多くいて、うまく機能すると破壊的な攻撃力が発揮されました。アル戦士はそのスピードになかなか馴染めず、預けるだけの消極的なプレーばかりが目立ち自分らしさを表現するにはかなりの時間を要しました。

 

 

 

それは元々の性格もある中で、一番は自分に自信がない、んだろーなと。サッカー選手が「目立つ」には、ほんのわずかな時間の少ないチャンスに決定的な仕事ができるかどうか、です。その一瞬のために膨大な時間練習を重ねるのです。

どうですか?きみたちは二日間を通して、一瞬の煌めきを見せることができましたか?勝利に貢献できるプレーができましたか?自分が満足できる時間を作ることができましたか?

経験をムダにせず、蓄えとしたいならば、どうすべきかは当然わかってますね?

千年の選手のみなさん。二日間一緒にサッカーを楽しんでもらえましたか?千年は想像以上に素晴らしいチームでした。ひよりさんを中心にチームにはまとまりがあり、個性的な選手たちのいざというときの集中は目を見張るものがありました。

 

 

 

 

次また会える日を心から楽しみにしてます。

 

 

 

 

最後に暖かく迎えてくださったスタッフ、ご父兄の方々には改めて御礼申し上げます。

お元気で(笑)