令和元年5月4日 快晴。選手たちのコンディションは良さそうです。

会場は今日も西目サッカー場です。素晴らしい天然芝のフィールドで、今の時期はなおさら状態も良く、さしずめフカフカの緑の絨毯、という感じです。しかし!残念なことにこの天然芝は今シーズン終了後全面剥がされて、人工芝に張り替えられるそうです。ホントにもったいない話ですが、ランニングコストがかかるとなれば背に腹はかえられぬ、といったとこですね…返す返すも残念。

こうめせんしゅ、今日の期待を担い、アルジェントのエースナンバー14を背負っての…撮影です(笑)

試合前にひとつとてもショッキングなニュースが!

かんとくぅ、ぼく、すぱいくとすねあてわすれましたぁ

アンビリバボ((((;゚Д゚)))))))

そんな選手がチームの一員でいる限り最早勝ち負け以前の問題だ

沈黙のランチタイム、になるはずが、すでに敗戦は過去のこと。前を向いて弁当食べよう^^;

さて、六年生!この試合は任せたよ。

勝ち負けにこだわらないこの大らかさが、今後の人生にどう影響していくのでしょう?

負けたわけではないので、ま、多少の盛り上がりは、ま、ま、いっかな(笑)

さて、本日最終戦に向けて

相手は秋田のチャンピオンチーム。えー!そんなのやってみなきゃわかんないでしょ。ま、わかってますけどね(笑)でもこんなチャンス滅多にないわけだし、チャレンジあるのみ!前半は六年生の力出し切って頑張って!

今年の六年生は、ま、戦う集団、にしてはちょっと穏やかすぎるメンバーたちですが、付き合って飽きのこない楽しい仲間たちです(笑)

サッカーの技術はまだまだ未熟ですが、もうしばらく付き合ってあげようと思います(笑)

夕陽赤く  地平の果て
今日も沈み   時は行く
ちさと、さ、あー疲れた、みたいな感じでノリ悪いよ(笑)

テーマが日々変わってきて、ついに、プレ修学旅行となり

今日の負の遺産はすべて恩讐の彼方にへ

明日は新たな発見が見られるのでしょうか?