今週は各カテゴリーとも忙しい二日間でした。まず、Aチームは広渕カップに招待され早朝便で石巻に出発しました。幸いにもこの時期にしては日差しも暖かく、ピッチは良好な天然芝、とあらゆるコンディションに恵まれ…たものの、結果は語るに及ばず、そこは決して裏切らない…totoは鉄板…ま、そんなとこです(笑)

申し開きは?まーそーですねー、インフルO型のリタイヤですかね(笑)

 

 

 

 

 

ラストは、スポ根マンガの最終回のような幕切れとなりました

この親子の向かう先に輝く未来が開けることを心から望みます…
一方、その、未来が開ける希望のチームは、個人とチームの力が見事にマッチして、最大級の賞賛「ブリリアント!」の値を贈りたいと思います!
さて、サッカーという競技は言うまでもなく、蹴球、つまりボールを蹴ることで得点をあげるスポーツです。しかし、ボールを蹴るためには、ボールを止めなければならないし、コントロールもしなければ蹴れない。ま、今日はその難しいことは置いといて…カッコ良く蹴ってる人たち紹介します
緊張のPK戦…
蹴球にはまだまだ遠いね(笑)

蹴る、感覚は1000発も2000発も蹴り込まないと脚と足になじまない。(ゴールに)届かなきゃ入んねんだよ。

自分だけの感覚を掴むためには、自分だけ蹴る練習を繰り返すしかない、の!

と、いう話です。
沿岸部にはまだまだ震災の爪痕が目立つ中、早期復興を目指している力に逆に勇気をもらって、今年最後の We are ONE

残念ながら誰の心にも響かなかった…円陣は儀礼じゃねんだよ!