近藤コーチから時間の使い方について話がありましたね。世界中でみんなに平等に与えられるものは「一日24時間」だけです。

水も空気も平等ではありません。

人はその平等に与えられた時間をどう活用するかで生きざまが変わるのです。

日日是好日ということばがありますが知ってますか? にちにちこれこうにち、と読みます。毎日良い日であるように努めましょうね、と禅語では解釈されていることが多いようですが、みんなに当てはめてみるとこんな意味になります。

今日の試合でシュートを決めて勝って嬉しかった!

それは試合で勝った日が良かったのではなくて、シュートを決めることができるように努力した日々が良かったのです。

つまり、しっかり準備をすれば結果は付いてくる。計画的に時間をかけて準備を重ね来るべき日に備えれば好日を迎えることができる、という意味です。

中学生まではこのことを信じて、平等に与えられた時間を自分なりに使ってください。高校生以上になると一概にそうとも言えなくなるのでU15限定話ということで(笑)