いやー、佐々木コーチ、そこまで持ち上げられても、その、薄識、なんて初めて言われましたよ(笑) ま、選手からの相談にはもちろん乗らせてもらいますよ、10分100円で(笑)

でもなかなかサッカー話までには至りませんねー。それってこの事態が長引くから、いまのところは溜めて引っ張って、みたいな?(笑)

ところで、佐々木コーチのメッセージにあった、「きく」についてですが、それは、聞く、と、聴く、と、訊く、という漢字が使い分けられますね。それぞれの使い方、わかりますか?

聞く、は広く自然に話を受け入れるとき、一番一般的に使われますね。あんた、ひとの話聞いてんの?とか

聴く、は、音やことばを集中してとらえる、ん、耳を傾ける、のイメージ

訊く、は、わからないことなどを尋ねるときの様子です。あのー、ちょっと訊いていいですか?みたいな

こういうのを同音同義語って言いますが他には…あるねー、みんなの知ってる漢字ではどうですか?さらには同音異義語ってゆーのもあるでしょ?いくつ書けますか?

では、そーゆーま、たとえば漢字やことばの知識ってどうやって身につけていくのでしょうか?一番身近な方法は、そう、文字に馴染むこと、つまりは本ですね。いつも言うように、読書は知識を与えてくれ、イメージをふくらませ、感情を豊かにしてくれます。

本の世界には果てしない空間が用意されています。行動が制限されているいまこそ、さまざまジャンルの本を読んで自分の、幅、を広げましょう。

横幅広がりすぎて体重5kgは減量したいなと思う人も、心の幅を広げることは大切です。

それと、20分くらいの走りのあとに本を読むといっそう集中が高まっていいよ。GWのおうち時間、結構きゅうくつかも知れないけど、20分ラン-60分読書-30分感想文(途中でも読んだところまでの)毎日繰り返してみてはいかがですか?みんなにも、新しいページをめくるたびにワクワクしてくる気持ちを感じて欲しいです。

あー、なかなかサッカー話までいかないねー(笑)次回の森下コーチに期待します。